リハビリテーション部

  
きぬ医師会病院リハビリテーション部
当院では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士にて、入院リハビリテーションと外来リハビリテーションを行っています。入院リハビリテーションでは、入院中の患者様の理学療法、作業療法、言語療法を行います。また、必要に応じて退院に向けての福祉用具の提案や家屋調査を行います。そして、きぬ医師会病院の設立基盤である常総市、坂東市、つくばみらい市の住民の皆様の健康回復や疾病予防に貢献したいと思っております。

【お知らせ】
下記のfacebook、ブログでもリハビリ室の情報を発信しています。
是非ご覧ください。

リハビリテーション室オフィシャルブログ
きぬ医師会病院リハビリ室日記

リハビリテーション室facebook


対象疾患
 ・骨折や変形性関節症などの整形外科疾患
 ・脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患
 ・慢性呼吸不全などの呼吸器疾患  など

理学療法
脳卒中や骨折などによって障害を抱えている方に対して、主に運動療法(筋力強化練習、歩行練習など)や、温めたり電気を流すなどの物理療法を用いて機能回復、元の生活に戻る援助を目的としたリハビリを行います。

作業療法
障害を抱えている方に対して、手や指などの筋力強化や細かい動きの練習、生活する上でかかせない動作(食事、入浴、排泄、着替え、整容などの練習や、家事、復職のために必要な活動の練習)の向上を目的としたリハビリを行います。

言語療法
脳卒中や様々な原因により、言葉の障害(うまく言葉を使えない、呂律が回らない)、飲みこみの障害(むせやすい、飲みこみづらい)といった問題を抱えている方に、一人一人に合った専門的なリハビリを行い、機能回復のお手伝いを致します。

部門案内Menu